めっちゃ簡単!英語が苦手ならにっこり笑顔で勝負!

国際交流パーティーを主催していると、よく英語があまり話せないけれど、外国人の友達が欲しいという人によく出会います。
そんなの無理でしょ!と思った方もいるかもしれませんが、実はそうではありません。

国際交流パーティーには、日本在住の外国人が多く参加します。
ということは、片言の日本語が話せたり、日本語がペラペラの外国人も少なくないのです。
英語はあくまで意思疎通を図るための手段です。

英語ができない=外国人の友達ができない。ではありません。

英語が苦手でも、いろんなコミュニケーション術を駆使すれば、外国人の友達を作ることだってできます!
誰でもできて、とても簡単な方法は“にっこりスマイル”。

海外旅行などで感じたことがある方も多いと思いますが、欧米では、街中、電車、バスなどで知らない人と目が合うと、“にっこりスマイル”をする習慣があります。
日本人が無意識にお辞儀してしまう習慣と同じで、彼らにとって“にっこりスマイル”は習慣として身についています。

日本の文化では、相手が子供でない限りは、知らない人とは目を合わさないし、笑顔を交わすなんてありえないですよね!
今まで、外国人から“にっこりスマイル”をされて、恥ずかしくて一瞬で目をそらしてしまったり、無視してしまった経験がある人も多いかと思います。

これからは、外国人に“にっこりスマイル”をされたら、がんばって笑顔を返してみてください。
いきなりスマイルと言われても。。という方は、ぜひ鏡の前で口角を少し上げて自然な“にっこりスマイル”ができるように練習してみてください!

慣れてきたら、自分からも自然に相手に“にっこりスマイル”ができると理想ですね!
“にっこりスマイル”をされて、嫌な気分になる人はまずいません。
むしろ、笑顔は人に好感を与えます!
特に、国が違ったり、言葉が通じない場合でも、“にっこりスマイル”を交わすことで、不思議とお互いの心が自然と通うような気持になります。

外国人と仲良くなるきっかけとして、必ず実践してほしいコミュニケーション術です!

関連記事

  1. 老後は子供に頼らない?【アメリカの高齢出産事情 [後編]】

  2. 【欧米人のブルーアイ事情】青い目と黒い目では見え方が異なる?

  3. 文化が違えば恋愛も違う!インド人の恋愛事情

  4. いつまで続くの?国際カップルの偏見との仁義なき闘い

  5. 海外メディアでも大きく取り上げられたSMAPの解散騒動

  6. 【海外】どれだけ知ってる?バレンタインデーにまつわるトリビア20選