カナダ留学をオススメする5つの理由を現役留学生が徹底的に解説

留学先選びって難しいですよね。

「カナダ、オーストラリア、アメリカなど、どこの国がいいの?」

「カナダって留学先として人気だけど何がいいの?」

そんなお悩みありませんか?

この記事で解決できます。

今回は現在バンクーバー在住の私がカナダ留学をおすすめする理由をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください!

カナダ留学がオススメできる5つの理由

 

  1. カナダは治安が良く、住みやすい

カナダは治安が良いことで知られています。

公的な統計でもカナダは安全な国で住みやすいと評価されています。

英国のエコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)による2023年の「最も住みやすい都市」ランキングでは、バンクーバーが5位・カルガリー7位・トロントが9位と発表されました。

データから見てもカナダは複数の主要都市で住みやすい街であることが分かります。

10位の大阪と比較してみると分かりやすいですね。

一部危険とされている通りはありますが、夜に出歩いくことも可能です。

海外での生活が初めてという方でも、安心して留学生活を送ることができます。

世界住みやすい都市ランキング2023

1位 ウィーン(オーストリア)
2位 コペンハーゲン(デンマーク)
3位 メルボルン(オーストラリア)
4位 シドニー(オーストラリア)
5位 バンクーバー(カナダ)
6位 チューリッヒ(スイス)
7位 カルガリー(カナダ)
7位 ジュネーブ(スイス)
9位 トロント(カナダ)
10位 大阪(日本)
10位 オークランド (ニュージーランド)

. カナダ留学プログラムの充実

カナダは、Co-op(コープ)留学やPost-Graduation Work Permit(通称ポスグラ)など、キャリア形成をサポートするプログラムが充実しています。

Co-op留学

Co-op留学は、座学とインターンを組み合わせた教育プログラムで、カナダの多くの学校で提供されています。

Co-opプログラムのメリットは専門学問を学んだ後に知識を実際の職場でアウトプットする機会があることです。

コースにはデジタルマーケティングやIBM・スタートアップ・国際貿易・カスタマーサービスなどがあり、自分のキャリアに合わせて選択することができます。

これにより、理論だけでなく実践的なスキルも身につけることができ、プログラム終了後のキャリア形成に大きなアドバンテージとなります。

実際に私はCo-opのデジタルマーケティングを専攻して、カナダ留学をしています。

Post-Graduation Work Permit(通称ポスグラ)

一方、Post-Graduation Work Permit(通称ポスグラ)は、カナダの学校を卒業した留学生がカナダで就労するためのビザです。

このビザを取得すると、卒業後最大3年間、カナダで就労することが可能になります。

専攻した分野での就労経験を積むことができ、将来的にカナダで永住権を取得するための一歩となります。

.日本のものが手に入る

カナダの都市、特にバンクーバーやトロントなどでは、日本の商品が広範囲にわたって手に入ります。

衣料品から家庭用品、化粧品、食品まで、様々な日本製品が現地で購入可能です。

日本のブランドであるユニクロや無印良品もこれらの都市に店舗を構えています。

また、日本食材を取り扱うスーパーやレストランも多く、日本食が恋しくなったときには手に入れることができます。

特に、海外製品が肌に合わないと感じる方、海外の食材で体調を崩しやすい方にとっては、日本の商品が手に入るというのは大きな安心感を与えます。

留学生活において、使い慣れた商品を手に入れられることは意外と重要です。

. 聞き取りやすい発音のカナダ英語

カナダ英語は発音がクリアで理解しやすいとされています。

オーストラリアやブリティッシュ英語のような独特なアクセントや発音が少なく、イントネーションやリズムがはっきりしており、英語学習初心者にとっては聞き取りやすい英語です。

なぜならカナダ英語は日本人にとって馴染み深いアメリカ英語にルーツがあるとされているからです。

英語で授業について行くのは大変なことですが、カナダ英語であれば留学のハードルが少し下がるかもしれません。

また、様々な英語のアクセントに出会えるのも一つの魅力です。なぜならアジア人、ラテン人、ヨーロッパ人など世界中から人々が集まるからです。それらによって英語力をさらに鍛えることができます。

.色んな国の友達との出会い

カナダは移民政策を積極的に進めており、世界各地から人々が集まっています。

2021年の国勢調査結果では、移民の割合が全人口の約23.0%であることが発表されました。

つまり5人に1人が移民ということです。この数字は世界的にも非常に高い比率です。

そのためカナダ留学をした場合、出会うのはカナダ人だけではありません。

私の留学先のバンクーバーではメキシコ人、ブラジル人などのラテン系や韓国人、台湾人などのアジア系の出身の方も多く住んでます。

英語だけに限らず、スペイン語、ポルトガル語、韓国語、中国語などに触れる機会もあります。

またカナダは異文化に対する理解が深く、差別が少ないとされています。

現在バンクーバーに半年間住んでいますが、今まで差別をされた経験がありません。

むしろカナダに住む人々は穏やかな傾向にあります。

仕事でミスをしても逆に励ましてもらえるくらい寛大で親切です。

その背景には留学生や移民が多いことがあり、日本人にとって、留学しやすい国と言えます。

 

おわりに

「カナダ留学がオススメできる理由」を5つ解説しました。

カナダは日本人にとって生活しやすい環境が整っている国です。

一方で、カナダ留学や海外生活に興味はあるけど、まだ実際に行くことに対して、不安に感じているかもしれません。

そんな方の為に私たちは国際交流パーティーを開催しています。

「外国人と友達になりたい」、「留学前に海外文化を知りたい」など。国際パーティでは、これらのポイントについて深く探ることができます。

新たな文化と出会い、成長のきっかけをつかみにぜひパーティーに参加してください。皆様のご参加をお待ちしています!

Written by: Tommy

WhyNot!?国際交流パーティーの
スケジュールをCHECK!

関連記事

  1. 【京都でも開催】国際交流パーティーで世界を広げよう!

  2. 国際結婚を決意する前に知っておきたい8つのデメリット

  3. 外国人の前で頭が真っ白!にならない裏技テクニック

  4. 彼があなたにあまり興味がないときの9つのサイン

  5. 【色黒のあなたに朗報】小麦色の肌=ステイタスの証!

  6. 外国人とアニメ話がしたい!でも英語版タイトル知ってる?